アンパンマンミュージアム 神戸は狭い~それってホント?



神戸アンパンマンミュージアムに遊びに行った人の話を聞くと、
思ったよりも狭いという答えが返ってくることがあります。





実際に神戸アンパンマンミュージアムは狭いのでしょうか?
他のアンパンマンミュージアムよりも狭い?
神戸アンパンマンミュージアムの広さについて調べてみました。


スポンサーリンク







神戸アンパンマンミュージアムは広場が狭いかも




神戸アンパンマンミュージアムだけでなく
他のアンパンマンミュージアムにも広場は作られていて、
アンパンマンショーなどのイベントが毎日行われています。




アンパンマンミュージアムの中で最も広く作られている広場ですが、
他のアンパンマンミュージアムに比べて、
神戸アンパンマンミュージアムは少々狭いようです。




でも他のアンパンマンミュージアムと違って
神戸アンパンマンミュージアムは屋根付き。
雨の日でも安心してショーを見ることができますから、
少々狭くてもショーを見るには神戸アンパンマンミュージアムはいいかも。



神戸アンパンマンミュージアムは狭いかもしれないけれど親には安心




広い施設に遊びに行くと子供たちはのびのびと遊べるために
うれしく感じるかもしれませんが、
一つ気になるのは迷子になったらどうしよう?ということです。




広いところで歩き回っているとうっかり子供を見逃すことがあります。
そうなると、親は迷子探しで大変なことになりますから、
できれば手の届く範囲内で遊ばせたく思います。




そう思うとおすすめなのが神戸アンパンマンミュージアムです。
狭くてもすぐに子供を探すことが出来る神戸アンパンマンミュージアムならば
安心して我が子を遊ばせることができます。



まとめ




狭い=窮屈と思う方もいらっしゃいますが、
神戸アンパンマンミュージアムならば子供たち本人が
まだ小さいので狭いと感じないでしょう。




親から見ても遊ぶ場所が狭いかどうかよりも
子供を見失わないで過ごせるかどうかが大事ですから、
周り全体を見渡しやすい神戸アンパンマンミュージアムはおすすめですよ。


スポンサーリンク